2015年5月


2015年5月24日岸辺のふたり

土曜の朝、 Tokyo FM ラジオから、サラ・オレインさんの声が流れ、思い出させてくれました。

「岸辺のふたり」原題 : Father and Daughter

マイケル・デュドク・ドュ・ヴィット監督の名作短編アニメーション。

映像が詩であり、詩が映像であるような、せつない無言の物語。

語り部のように音楽が流れます。時が流れてゆくのです。

ひとつの世界が閉じるとき、別の世界が開かれる、希望でもある作品です。

 

2015年5月11日砂時計=過ぎてゆく時間

砂時計200 谷中銀座の小さな路地に砂時計屋さんがある。

 思い出の砂かき集め、作ってもらった砂時計。

 砂時計は、絵画的には「過ぎてゆく時間」の象徴。

 それでも、砂は、行ったり来たりする。

 まるで、やり直しの遊びのように。繰り返し語られる昔話のように。

 願望が、思い出を語るとき、思い出さえも創られる。

           それも、ひとつの夢だと思う。

Information Archives

  • 2019年10月 (2)
  • 2019年9月 (1)
  • 2019年8月 (1)
  • 2019年7月 (1)
  • 2019年4月 (1)
  • 2019年3月 (1)
  • 2019年1月 (1)
  • 2018年12月 (1)
  • 2018年10月 (1)
  • 2018年9月 (1)
  • 2018年8月 (2)
  • 2018年7月 (2)
  • 2018年5月 (1)
  • 2018年4月 (1)
  • 2018年3月 (1)
  • 2018年1月 (2)
  • 2017年12月 (1)
  • 2017年11月 (1)
  • 2017年9月 (1)
  • 2017年8月 (2)
  • 2017年7月 (1)
  • 2017年6月 (2)
  • 2017年5月 (2)
  • 2017年4月 (1)
  • 2017年3月 (2)
  • 2017年2月 (2)
  • 2017年1月 (1)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年9月 (1)
  • 2016年8月 (1)
  • 2016年7月 (1)
  • 2016年5月 (2)
  • 2016年3月 (1)
  • 2016年2月 (1)
  • 2016年1月 (1)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年9月 (1)
  • 2015年6月 (2)
  • 2015年5月 (2)
  • 2015年4月 (1)
  • 2015年3月 (2)
  • 2015年2月 (2)
  • 2015年1月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (2)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年9月 (2)
  • 2014年8月 (1)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (1)
  • 2014年4月 (1)
  • 2014年3月 (2)