2016年10月


2016年10月2日今月の銅版画~あの子どこの子「竜宮童子」

菊短冊  むかし、貧しい花売りが、売れ残りの花を海に捧げた。

 そのことを甚く喜んだ竜宮の神が花売りをもてなし、土産にみすぼらしい童子をよこされた。

 「おうちの隅に置いてやって下さい」

 その童子が来てから、花売りの家はどんどん豊かになった。

 美しく整った豊かな暮らしにすっかり慣れた頃、

 みすぼらしい姿のままの童子のことが、鬱陶しくてならなくなった。

 「もう海に帰っておくれ」

 童子は鼻水を垂らしながら帰っていった。

 すると花売りの家はみるみる貧しくなり、もとのあばら屋に戻っていたのだそうだ。(完)

Information Archives

  • 2019年3月 (1)
  • 2019年1月 (1)
  • 2018年12月 (1)
  • 2018年10月 (1)
  • 2018年9月 (1)
  • 2018年8月 (2)
  • 2018年7月 (2)
  • 2018年5月 (1)
  • 2018年4月 (1)
  • 2018年3月 (1)
  • 2018年1月 (2)
  • 2017年12月 (1)
  • 2017年11月 (1)
  • 2017年9月 (1)
  • 2017年8月 (2)
  • 2017年7月 (1)
  • 2017年6月 (2)
  • 2017年5月 (2)
  • 2017年4月 (1)
  • 2017年3月 (2)
  • 2017年2月 (2)
  • 2017年1月 (1)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年9月 (1)
  • 2016年8月 (1)
  • 2016年7月 (1)
  • 2016年5月 (2)
  • 2016年3月 (1)
  • 2016年2月 (1)
  • 2016年1月 (1)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年9月 (1)
  • 2015年6月 (2)
  • 2015年5月 (2)
  • 2015年4月 (1)
  • 2015年3月 (2)
  • 2015年2月 (2)
  • 2015年1月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (2)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年9月 (2)
  • 2014年8月 (1)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (1)
  • 2014年4月 (1)
  • 2014年3月 (2)