2016年5月


2016年5月16日天国にいたる木道 静かな尾瀬に

水芭蕉木道2s 5月の連休明け後の週末、尾瀬はすでに花盛り。生まれたての

 水芭蕉、リュウキンカ、ショウジョウバカマ、白根葵。

 下田代の檜枝岐小屋から只見川を越える辺り、天国の如き花園あり。

日帰りなんてつまらない。朝の光の中で、あの木道を歩きたい。 鳥の歌、カエルの歌しか聴こえない。つかのま。

2016年5月9日詩画論としての「草枕」~生きにくさから詩画が生まれる~

「 山路を登りながら、こう考えた。

 智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい。

 住みにくさが高じると、安い所へ引っ越したくなる。どこへ越しても住みにくいと悟った時、

 詩が生まれて、画(え)が出来る。・・・・・」

夏目漱石の「草枕」はこのような書き出しで始まります。有名です。でも、とても奇妙な作品です。

詩画創作者たる主人公の、内面的には写実、端から見れば妄想の心象が、景色として語られ、

その景色の中に入るか入らぬか、のるかそるかで、出たり入ったりします。

語れぬ事実を物語る、その物語の語り口で語られる詩画論。 創造力の闘い。そして、ものすごく漱石。

 

Information Archives

  • 2019年12月 (1)
  • 2019年11月 (1)
  • 2019年10月 (2)
  • 2019年9月 (1)
  • 2019年8月 (1)
  • 2019年7月 (1)
  • 2019年4月 (1)
  • 2019年3月 (1)
  • 2019年1月 (1)
  • 2018年12月 (1)
  • 2018年10月 (1)
  • 2018年9月 (1)
  • 2018年8月 (2)
  • 2018年7月 (2)
  • 2018年5月 (1)
  • 2018年4月 (1)
  • 2018年3月 (1)
  • 2018年1月 (2)
  • 2017年12月 (1)
  • 2017年11月 (1)
  • 2017年9月 (1)
  • 2017年8月 (2)
  • 2017年7月 (1)
  • 2017年6月 (2)
  • 2017年5月 (2)
  • 2017年4月 (1)
  • 2017年3月 (2)
  • 2017年2月 (2)
  • 2017年1月 (1)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年9月 (1)
  • 2016年8月 (1)
  • 2016年7月 (1)
  • 2016年5月 (2)
  • 2016年3月 (1)
  • 2016年2月 (1)
  • 2016年1月 (1)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年9月 (1)
  • 2015年6月 (2)
  • 2015年5月 (2)
  • 2015年4月 (1)
  • 2015年3月 (2)
  • 2015年2月 (2)
  • 2015年1月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (2)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年9月 (2)
  • 2014年8月 (1)
  • 2014年7月 (2)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (1)
  • 2014年4月 (1)
  • 2014年3月 (2)